{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員

「紅型」で彩る、
端午の節句

5月5日は端午の節句「こどもの日」。今年は沖縄の染織を取り入れて、華やかに彩ってみませんか?

ゆいまーる沖縄<Online>ではひな祭りに引き続き、端午の節句「こどもの日」を彩る琉球紅型のタペストリーを入荷いたしました。
遊び心のあるオリジナルの絵柄に、初夏らしい爽やかな色合いで染め上げられたタペストリー。
日頃は琉球舞踊の衣装を中心に手掛ける「紅型工房ひがしや」が染め上げた、色鮮かさが際立つ一品です。

元気いっぱいワンパクざかりの金太郎が、鯉のぼりと一緒に楽しそうに空にそよいでいます。

ほのぼのとした可愛らしさと愛嬌がただよいながらも、確かな技術で描く本物の美しさも備えている絵柄です。細部まで飽きずに眺めていられる魅力いっぱいの一枚に仕上がっています。

一点ずつ、すべて手作業で染織されているため数量限定の入荷になります。
タペストリーはお部屋に季節感を与えるアイテムとしておすすめです。
気になる方はお早めにご検討ください。




作り手紹介「紅型工房ひがしや」

北海道出身の夫と沖縄出身の妻のお二人で、沖縄本島北部に工房を構えています。
おおらかで優しいお二人はともに紅型職人として切磋琢磨しながら、楽しそうな話し声が聞こえる作業場で日々、製作に励んでいます。
伝統的な舞踊衣裳や帯・着尺のほか、オリジナルグッズなどを制作。
デザインから型紙彫り、染めまで全ての工程を自分たちで手掛けています。

4件中 1-4件表示

【一点もの】紅型シーサー 紅型工房ひがしや

¥ 10,450 税込
4件中 1-4件表示
ページトップへ