{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員

琉球ガラス

― 炎から生まれるきらめき、ゆらぎ、ぬくもり ―


琉球ガラスの透明感

「炎の芸術」とも呼ばれる琉球ガラス。
1000度を超える熱で真っ赤に溶けたガラスが鉄のパイプから息を吹き込まれることで様々な色と形へと姿を変え美しい器が生まれます。

吹きガラス製作風景

沖縄県の伝統工芸に指定されている琉球ガラスは沖縄の工芸としては比較的歴史は浅く、100年ほど前に製造が始まったとされています。戦前から戦後しばらくの間はランプの火屋(ほや)や駄菓子を入れるビンなど実用品が中心に作られていました。


高温で真っ赤に溶けたガラス

琉球ガラスのもつ魅力は、なんといっても光に照らされた時に最大限に輝きます。一度半固形にまで溶かされて生み出された形は、「ゆらぎ」や湾曲を全体にそなえ、見る角度によって多彩な表情を見せます。たとえ食器として作られたガラスでも、光に照らされるとまるでオブジェの様に。まじまじと眺めているだけであっというまに時間が過ぎていくようです。

光を透かすASAYAKE GLASS

プラスチックやビニールが普及した戦後は実用品としての役割は薄れましたが、沖縄に滞在した米兵が本国へ戻る際の土産品として次第に人気を博すようになり、県外・国外への販売が増えていきました。その後、「現代の名工」である稲嶺盛吉氏や池宮城善郎氏らに牽引されて巧みな技術、鮮やかな色彩を特徴とするガラス作りが花開き、琉球ガラスは沖縄の工芸品としての地位を確立します。

2000年代の「沖縄ブーム」以降、人件費の安い海外で製造したものを「琉球ガラス」と称して販売したことが問題となりましたが、 沖縄県内の志を持った各工房では、「この場所でしか作れない」「自分たちの技術をもってしか生み出せない」琉球ガラスの名にふさわしいガラスを生み出すべく、日々、技術を磨き続けています。

PLANET EARTHの製作風景

ぜひゆいまーる沖縄<Onilne>で、自分だけのお気に入りを見つけてください。





並び替え
37件中 1-20件表示
1 2

ダイヤフレアグラス ガラス工房ロブスト

¥ 3,630 税込

底色気泡ロックグラス/ガラス工房清天

¥ 3,300 税込

涼みロックグラス  ガラス工房ロブスト

¥ 3,520 税込

モールグラス / ガラス工房清天

¥ 2,310 税込

ダイヤタルグラス ガラス工房ロブスト

¥ 3,630 税込

一口ビアグラス / ガラス工房清天

¥ 2,310 税込

ノーマルグラス低 / 琉球ガラス工房清天

¥ 1,980 税込
並び替え
37件中 1-20件表示
1 2
ページトップへ